シーカヤック検索


シーカヤック一覧
検索

シーカヤックフィッシングブログ


カゴの中

商品数:0点 /0円

カゴの中を見る


ログイン
  • フィールドについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

2017 年 4 月の営業日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017 年 5 月の営業日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
※定休日
・土曜、日曜、祝祭日

ドリフトシュート(パラシュートアンカー)、シーアンカーの使用方法

使い方①:シーアンカー、ドリフトシュート(パラシュートアンカー)の使用方法

上記のシーアンカーの使用方法は、シーカヤックでは最も安全で効果的にアンカーを使用する方法となります。

シーアンカーの回収用ロープは、メインのロープよりも長くしておき、
アンカーが効いた状態の時に干渉しないようにたるませておく必要があります。

また、シーアンカー回収用ロープは、手の届く位置に固定することで、手返し良く回収できます。
回収時には、シーアンカーの頭側を回収ロープが引っ張る形なので、水の抵抗無くスムーズな回収が可能です。

なぜ一番安全で効果的なシーアンカーの使用方法かと言いますと、
①常に波・うねりがほぼ正面から来る形になるため、それらを目視しやすい。
②同様に風もほぼ正面から受けるため、風の抵抗を受けにくい。

※シーカヤックが流される方向が後方となるため、小まめな後方確認が必要になります。
※ドリフトシュートは、上部が浮力体、下部が重りになっているため、投入すれば海中で自動的に口が開きます。
※メインロープ・回収用ロープは、ご自身のカヤックに合わせて別途用意が必要です。
※ドリフトシュートの使用は、あくまでも自己責任にてお願い申し上げます。


使い方②:シーアンカー、ドリフトシュート(パラシュートアンカー)の使用方法

上記のシーアンカーの使用方法は、
風の影響を最大限に受けてしまうのと、同様に波・うねりの影響も最大限に受けてしまいます。

ただし、シーアンカーの使い方として間違っているわけではございません。

なぜなら、釣りをする上で釣りやすさは非常に大事です。
カヤックに横乗りのしやすさ、竿の向き、ラインの方向等、このアンカーの使い方のメリットは大きいです。

ですが、その時の海の状況を大きく受けてしまいますので、
微風・凪なのど比較的条件の良い場合以外はこの方法は使用しないほうが良いと思います。

また、注意点として、ドリフトシュートを投入する向きを間違える(効く方向と逆方向に投入)すると、
ロープがカヤックの下に回り込み、反対側から回り込んだ状態で効き始めてしまいます。

そうなるとアンカーが効くたびに逆方向から引っ張られてしまうため危険ですので、
投入前にカヤックの向きを合わせる等、注意が必要です。

また、この場合は、回収用ロープをセットしなくてもメインロープを掴めるため、力技で回収も可能です。

※シーカヤックが流される方向が後方となるため、小まめな後方確認が必要になります。
※ドリフトシュートは、上部が浮力体、下部が重りになっているため、投入すれば海中で自動的に口が開きます。
※メインロープ・回収用ロープは、ご自身のカヤックに合わせて別途用意が必要です。
※ドリフトシュートの使用は、あくまでも自己責任にてお願い申し上げます。

このページのTOPへ

シーカヤック フィールド
運営会社:有限会社テクニカル
お問合せ:japan@kayak-fishing.jp
定 休 日:土曜、日曜、祝祭日 営業時間:10:00~18:00
| シーカヤック | 携帯 シーカヤック | カヤックフィッシング | リンク | テクニカル |